AWESOME LINUX WORLD

Linux 成分多めの技術系ブログ

Linux 仮想コンソールの切り替え方法

はじめに

以降、Linux 環境を想定しています。また、動作確認は、RHEL 7.4 環境で行いました。その他のディストリビューションで動作するかは未確認です(問題ないとは思いますが)。

仮想コンソールとは

仮想コンソールとは、非グラフィカル環境でのシェルプロンプトです。X Window System を搭載した Linux 環境で、画面がフリーズし、ターミナル画面からコマンドを実行できない場合などのトラブルシューティングに有効です。

仮想コンソールは tty(TeleTypewriter) と呼ばれています。通常は、6つ(tty1 ~ tty6)が存在します。それぞれのコンソールは同時にアクセスし、異なる作業を行うことができます。アクセスの際は、リモートでなく、物理マシンから行う必要があります。

切り替え方法

動作 入力キー
仮想コンソール( tty[2-6] )切り替え Ctrl + Alt + F[2-6]
初期コンソール( tty1 )に戻る Ctrl + Alt + F1

なお、現在ログインしている仮想コンソールの番号は、次のコマンドから確認できます。

$ tty
/dev/tty3