AWESOME LINUX WORLD

Linux 成分多めの技術系ブログ

Linux でも使えるコピペツール「CopyQ」の紹介

はじめに

CopyQ というコピペツール(クリップボードマネージャ)について紹介します。

コピペツールとしては、Windows なら 「Clibor」、Mac なら 「Clipy」 を使っていますが、Linux では個人的にしっくりくるツールが見つけられずにいました (探していたのは数年前で、最近は自分で作ってしまおうかと考えていました)。

そんな矢先、CopyQ を知り、コレだ!と思いました。少し感動したので記事しました。

CopyQ とは

GNU ライセンスで公開されている GUI のクリップボードマネージャです (やや長いので本稿では、コピペツールと表現しています)。私がコピペツールに欲しい機能 (最低限) は、次の3つでしたが、CopyQ は見事に備えています (そこまで変な要求ではありませんが)。

  • Linux で使える (インストールなどが簡単)
  • 定型文の登録が可能
  • ショートカットキーでコピー履歴の画面を呼び出せる

画面は↓のような感じです (色々設定変えてます)。

f:id:Kernel_OGSun:20200330081832p:plain

※ インストール方法などは一番下に記載しています。

基本的な使い方

  1. CopyQ 本体を起動 ($ copyq) を起動 (常駐)
  2. 適当にコピーしていく
  3. CopyQ のコピー履歴画面 ($ copyq toggle) から任意のコピー履歴をペースト (or 定型文をペースト)

CopyQ の機能

CopyQ にはコピー履歴を保存する以外にも様々な機能があります。ここでは、その内のいくつかを紹介します。

(以降の設定方法などはショートカットキーを使うことで、簡略化できますが、便宜上使っていません。)

多言語対応

デフォルトは英語表記ですが、日本語などに切り替えが可能です。

(母国語の方が理解しやすくて良いと思います)

File -> Preferences -> General タブの Language: ->
プルダウンメニュー (↓ の画像)から好きな言語選択 -> OK -> copyq 本体を再起動

f:id:Kernel_OGSun:20200330081930p:plain

※ 以降は日本語に設定している前提とします。

定型文の登録が可能

定型文あるいは、よく使う Linux コマンドなど、自由に文字列を登録できます。

(この機能は個人的に重宝します)

1. タブを増やす (タブ -> 新しいタブ)
2. 定型文を登録 (新しいアイテム -> 適当に入力 -> 左上のアイコンから保存)

f:id:Kernel_OGSun:20200330081943p:plain

ショートカットキーでツールの画面を呼び出せる

Ctrl + Tab など、任意のショートカットキーでコピー履歴の画面を呼び出せます 。

(この機能は個人的に必須でした)

ファイル ->  コマンド/グルーバルショートカット -> + 追加 -> マウスカーソルの下にメインウィンドウを表示
-> OK -> グローバルショートカット 横の + -> 任意のショートカットキー押下 -> OK

※ 私の環境だと (Fedora 28)、この方法ではターミナル画面がアクティブな状態でショートカットキーが反応しませんでした。原因は不明ですが、CopyQ はコマンドラインからも操作が可能なので、これを利用して、CopyQ のコピー履歴画面 (正式にはメイン画面) を呼び出すコマンドである copyq toggle をシステムのショートカットキーとして割り当てれば、この問題が回避できそうです (できました)。

Fedora 28 の場合は、設定 -> keybord -> 一番下の + アイコン からシステムのショートカットキーの割り当てができます。登録画面は↓のような感じです。私の環境のように上手くいかない場合はお試しください。

f:id:Kernel_OGSun:20200330081958p:plain

コマンドの実行結果をそのまま履歴として保存可能

アクションという機能により、コマンドの実行結果 (ps コマンドの出力など) をそのまま履歴として保存可能です。

(データ入力系で使えそうな気はします)

実行方法はやや複雑なので撮りました (アイテム -> アクション 押下するところからスタート)。

f:id:Kernel_OGSun:20200330082009g:plain

新しいアイテムのセパレータ に改行文字 (\n) を指定することで、改行ごとに実行結果を分割で保存できます。

f:id:Kernel_OGSun:20200330082055g:plain

その他の機能

  • Linux 以外にも Windows、OS X などをサポートしています。
  • マウスで選択した文字列をコピーできます (ファイル -> 設定 タブの「マウス選択したテキストを記録」にチェック)。
  • タブ内のアイテムごとに検索 (Ctrl + G) やソート(アイテム選択 -> Ctrl + Shift + [S or R]) ができます。
  • 何かコピーすると、CopyQ のハサミのアイコンがチョキチョキ動きます (アイコンが表示されている場合)。
  • コピー履歴への追加など、コピー履歴の画面呼び出しなど、コマンドラインからでも行えます。

...etc

インストール方法、公式ページなど...

ここまでの紹介で興味を持った、使ってみたいという方は是非インストールしてみてください。

CopyQ の githubInstall セクション に Windows、OS X、Debian 10+, Ubuntu 18.04+、Fedora、Arch Linux、その他の Linux ディストロのインストール方法がそれぞれ載っています。

ちなみ私は Fedora (28) を使っていますが、Fedora なら dnf install copyq だけでインストールできます。